「追手門型ほめことばシャワー・プラス」教育

自分や友だちにほめことばをプレゼント!

人をほめる。人にほめられる。他者に認められる経験は自己肯定感を芽生えさせ、人への優しさ、人との関係性を豊かにすることにつながります。生徒から生徒に向けて、賞賛の言葉や拍手を送る「追手門型ほめことばシャワー・プラス」教育。この実践により、約95%の生徒が「前向きな気持ちになれた」と実感するなど、確かな成果が出ています。

学習旅行

教室での学習と現地での経験から多くを学ぶ

中学2年時に実施される学習旅行では、3泊4日の行程で沖縄を訪問します。現地の人や文化に触れ、沖縄戦について学ぶ平和学習などを行います。ただ訪ねるだけではなく、事前学習と事後学習を行うことで、深い学びへとつなげます。

礼儀・礼節

他者を尊重し、感謝の言葉を伝える

周囲からの助言や指導を素直に受け入れられる心を持つことは、学力向上や先の人生においても成長の糧となります。学校での習慣の中で、他者を尊重する大切さを教え、その気持ちを感謝の言葉として伝える礼儀・礼節教育に取り組んでいます。

日本文化・教養教室

日本を深く知り、世界へ発信する

グローバルを舞台に活躍するためには、日本の伝統や文化を理解することが大切です。茶道や華道、書道といった日本が誇る文化などを、その道のプロである一流の講師から学びます。

書道

華道

茶道

フォト

英会話

クッキング

価値観指導

日々の行動や姿勢の価値を伝える

どうして身だしなみを正すべきなのか。どうして時間を守る必要があるのか。その根本にある意義や価値基準を伝える価値観指導を実施しています。その成果から、本校では生徒指導や遅刻数も少なく、外部からも高く評価されています。

成長の記録

自己の成長を確認しながら目標をめざす

毎日の自分の行動や時間割、目標や学習計画などを記録しておくことで、自主性や自己管理能力を高める取り組みです。それぞれがiPadに記録し、成長過程が評価対象となる大学入試に備えています。

中学3年生
(特進コース)
吉綱 春翔さん

普段は言えない気持ちも、
素直に伝えられる気がします

クラスのみんなにほめられることで、自分にとってはたとえ小さな行動でも、それが友達を喜ばせることにつながっていることを実感することができ、もっと優しく、明るく接するように心がけようという気持ちにもなります。普段はなかなか伝えることができない感謝の気持ちを友だちに伝える良い機会にもなっていると思います。

S × S × S[ Student Smile System ]

ともに成長を見守り、進路を実現するために

生徒一人ひとりのめざす進路実現のため、充実した学校生活を送るため、追手門大手前では保護者と密に連携し、最適な学習環境づくりに努めています。

さ<ら連絡網

毎朝の忙しい時間に電話をすることなく、web上で遅刻・欠席連絡ができるシステムです。毎朝、担任は保護者からの連絡を確認、お子様の健康状態を把握し、ご家庭との連絡を取り合うようにしています。また、学校からの連絡もLINEやメールで届くため、行事や提出物などを把握しやすくなっています。

保護者アンケート

年に1度、アンケートと自由記述による保護者の声を聴く機会を設けています。貴重な保護者の声を教育活動に活かすことで、より充実した教育ができるよう取り組んでいます。

学校生活の情報公開

生徒の生き生きとした姿を保護者様にも見ていただけるように、学校生活、行事、クラブなどの様子をホームページ上で日々発信しています。また、学年通信をプリントとホームページの両方で定期的にお届けしています。

学級・学年会

年2回をベ一スに開催します。保護者同士が繋がることも、生徒の様子を知るうえで大切なことです。また、担任と進路や学校生活について情報を共有することができます。ご家庭と学校が密に連絡を取り合い、つながりを大切にするのが追手門大手前の教育です。

二者・三者面談

担任・生徒の二者面談や担任・生徒・保護者の三者面談を合計年5回程度実施。学習状況や学校生活の様子などを共有し、希望進路の実現にむけて意見交換をします。コミュニケーションをしっかりとることで信頼関係を築き、子ども達の成長のために三位一体で取り組みます。