理事長
川原 俊明

川原 俊明

独立自彊・社会有為 社会に貢献する人を育てる
これが追手門学院の使命です。

追手門学院は、2018年に学院創立130周年を迎えます。独立自彊社会有為という教育理念を掲げ、社会の要請する人材育成に向けて、全学をあげて推進しています。生徒の能力を最大限に伸ばす。これが大手前中高の大きな目標です。大阪城に隣接する好立地の大手前中高では、最先端のロボットサイエンスを通じ、生徒に対する理系への興味を深化させています。大手前中高では、ロボット選手権で、全日本のみならず世界選手権にも出場して入賞するなど大きな活躍をしています。クラブ活動も積極的です。チアダンスは世界選手権の舞台で活躍し、伝統のスキー部も全国的な活躍をしています。大手前中高は、まさに文武両道。礼節を大切にする校風が誇りです。

校長
濵田 賢治

濵田 賢治

新生・追手門学院大手前で、理想の進路実現へ。

近年の著しい時代の変化と共に、社会で求められる人材像も大きく変わりつつあります。このような状況の中、学校は何ができるのか。学校はどう変わるべきなのか。その問いへの私たちの答えが、グローバルサイエンス教育です。生徒一人ひとりが主体的に考え、行動し、発信する学びの場。知らないことを知る喜び。答えのない問いを解き明かす楽しさ。これまでにない新たな学びのスタイルによって、科学的視点とグローバルな視点を養い、より豊かな思考力や判断力、表現力を備えた、社会に新たな価値を創造する人材を育成します。
昨年、創立130周年を迎えた本校にとって、今年は「新生追手門学院大手前」元年とも言える年です。「独立自彊・社会有為」という教育理念のもと、グローバルサイエンス教育を軸に、間もなくスタートする新大学入試を見据えた最先端の学びをさらに充実させることで、すべての生徒の第一志望進路実現100%を目指して邁進します。