時代が変わっても、変わらない大切なもの。
追手門大手前では、人を思いやる心、規範・礼法など、
創立以来「志の教育」を受け継ぎ、豊かな人格の形成をめざしています。

「追手門型ほめことばシャワー・プラス」教育

~みんなで成長!自分や友だちにほめことばをプレゼント!~

人をほめる。人にほめられる。誰かに認められる経験は自己肯定感につながり、人との関係性を豊かにします。終礼で「今日のMVP」を選び、生徒から生徒へ賞賛の言葉や拍手を送る「追手門型ほめことばシャワー・プラス」教育の実践により、約95%の生徒が「前向きな気持になれた」と実感するなど確かな成果が出ています。

教育誌や新聞などでも
高い評価を得ています。

  • 「全校で取り組むほめことばシャワー」 (朝日新聞) 2016年10月4日掲載
  • 「総合教育技術」 (小学館)実践!菊池教室で掲載 2017年1月号
  • 「ほめ言葉シャワー報告」(大阪日日新聞)で掲載 2018年1月
  • 「自己肯定感」で学校選び(読売新聞)で紹介 2018年12月
  • 「ほめことばシャワー実践報告会」を本校で開催・成果発表 2017・2018・2019年
  • 「白熱する教室」(中村堂)で「学校ぐるみ」で取り組む菊池実践として紹介 2019年

中学2年生
(スーパー選抜コース)
足立 晄祐さん

ほめ合い、認め合うことで
クラスの雰囲気も良くなりました。

少し悩み事を抱えているときも、クラスのみんなからほめられることで自然と明るい気持ちになれます。また普段から友達の良いところを見つけるようになり、自分がほめるときは、自分が言われて嬉しい言葉をかけるように心がけています。みんながお互いを認め合うことで、クラスの団結力もどんどん強くなっている気がします。


学習旅行(2018年度実施内容)

中学2年時で実施される学習旅行では、3泊4日の行程で沖縄の人や文化に触れ、沖縄戦について学ぶ平和学習などを行います。ただ訪ねるだけではなく、事前学習と事後学習を行い、深い学びにつなげます。

学習登山(2018年度実施内容)

中学3年時には学習登山として、2泊3日の行程で立山登山を行います。出発前の事前学習や、報告会に向けた事後学習に重点を置くことで、かけがえのない思い出とともに新たな発見の機会を与えます。

規範・礼法教育

周囲からの助言や指導を素直に受け入れられる心を持つことは、学力向上や人生においても成長の糧となります。本校では他者を尊重する意識の大切さを教え、その気持を感謝の言葉として伝える「規範・礼法教育」に取り組んでいます。

価値観指導

どうして身だしなみを正す必要があるのか。時間を守ることはどうして大切なのか。その根本にある意義や価値基準を与える価値観指導を実施。その成果から、本校では生徒指導や遅刻数も少なく、外部からも高い評価をいただいています。

成長の記録

毎日の流れや時間割、行動目標や学習計画などを記録することで、自主性や自己管理能力を高める取り組み。2019年度よりiPadに記録し、成長過程が評価される新大学入試に備えます。