ほめられると、うれしくなる。
自信がつくから、前向きになれる。

生徒から生徒へ賞賛の言葉や感謝などを伝える「追手門型ほめことばシャワー・プラス」教育。お互いの良いところを認めあうことで豊かな関係性を育み、自信とやる気を持って毎日楽しくイキイキと学校生活を送ることができます。

教育界も注目!

教育誌や新聞などでも度々取り上げられ、高い評価を得ています。

  • 「総合教育技術」 (小学館)2017年1月号 実践!菊池教室で掲載
  • 「白熱する教室」 (中村堂)2016年「菊池教室に取り組む学校」として紹介
  • 「全校で取り組むほめことばシャワー」 (朝日新聞)で掲載 2016年10月4日
  • 「ほめことばシャワー全国大会」 を本校で開催・成果発表 2017年1月
  • 「ほめことばシャワー教育」 提唱者の菊池先生による講演を本校で開催 2017年9月

Student’s Message

高校1年生(進学コース)

大河内 菜直さん

小さな行動を見つけて、ほめてくれることが嬉しい。

たとえば、落ちているゴミを拾って捨てる、プリントを渡してもらったときに「ありがとう」と一言添えるなど、普段の何気ない行動をほめてもらえると、クラスメイトがちゃんと見てくれていることを実感できて嬉しい気持ちになり、自分への自信にもつながります。また、クラスメイトを観察し、良いところを見つけることで、以前より相手に興味がわき、好意を持って接することができるようになります。