生徒の主体性や協働性を育みながら、
自発的な学びを通して確かな学力と人間力を養う。
追手門大手前の「新たな学び」は、
詰め込み型の従来の学びとは、
中身も学び方も大きく異なります。

協働型の学び

~対話で新しい知識を得るワクワクする学び~

教え合うから学びが深化!

生徒同士で共に考え、互いに意見を交換しながら、主体的かつ協力的に学びを深めていく。ただ知識を得るだけではなく、他者の意見や考えに触れたり、自らの考えを他者に教えることで、様々な価値観を学ぶ学習アプローチです。他者との関わりの中で、客観的に自分の考え方や傾向を知り、新たな自己発見の機会を創出するのも狙いのひとつです。

これからの社会で求められる力

課題について
深く考える

思考力

最適解を
判断する

判断力

自分の考えを
伝える

表現力

自ら主体的に
課題に取り組む

主体性

友達と力を
合わせて解決する

協働性

様々な人の
考えを知る

多様性

新大学入試にも必要となる力

授業の流れ

授業の目的・導入(10分)

興味づけ(動機づけ)で「脳」をオープンに。

前向きなプラスイメージで授業に入る。

協働型の学び(35分)

生徒同士が協働して「調べる」「考える」「話し合う」。

主体的かつ対話的な学びの中で広い視野や価値観を養う。

リフレクション(5分)

シートやテストなどで学習内容、行動、心情を振り返り授業内容を確実に定着。

アウトプットすることで記憶を強化し、効果的に知識を習得できる。

プロジェクト型の学び

~学びのリーダー発掘! 考えて表現することはオモシロイ!~

教科の枠を「こえる」学び

生徒たちが自主的にテーマを設定し、他者と力を合わせながら課題解決に向けて自分なりの答えを探究していくプロジェクト型の学び。実践的な学び合いによって、思考力や判断力に加えて、チームワークやコミュニケーション力も養成していくプログラムです。プレゼンテーションの後は、意見をクラス内でシェアする機会を設け、多様な考えや価値観から新たな知見を得られる学びを展開しています。


探究授業

~正解が一つじゃないから成長できる!~

教科の枠にとらわれることなく、身近な社会問題から国際問題、科学やITといったテーマの中から関心のある項目をピックアップ。それぞれが抱える課題について自主的に調べ、考えることで思考力や判断力といった新しい時代に求められる力を育てます。

プロジェクト型の学びとは

疑問
調べる
考える
自分なり
の答え
発言・
発表
意見の
シェア
学びが
深化

ロボットサイエンス

試行錯誤を繰り返し課題解決力を身につける

ロボットの製作も、科学の実験も、大切なのは答えそのものではなく、その答えを導く道のりにこそ学びの価値があると考えています。ロボットサイエンスでは、グループで1台のロボットを製作し、できあがるまでの試行錯誤や過程を経験することで、創造力や思考力を養います。

※2019 年度実施内容

人物探究

先人の足跡を自らの志につなげる

日本経済新聞コラム『私の履歴書』の執筆者をテーマにしたドキュメンタリー作品づくりや、自分自身の履歴書を作成。企業創業者やスポーツ選手、クリエイターなど、著名な先人たちの「生きた軌跡」を教材に、自分自身の将来の生き方や働き方を考える学びです。

中学2年生
(特進コース)
高松 壮有さん

聞き入れること、伝えることの
大切さを学びました。

プロジェクト型の授業では、チームでひとつの物をつくりあげるために、人の意見を聞き入れることの大切さ、自分の考えを相手に伝えることの難しさなどを実感しました。授業ではまとめたレポートをみんなにプレゼンする機会も多くあり、発表がうまくいったときは嬉しくなると同時に自信にもなります。

個別型の学び

~キミが学びの主人公!学校なのに個別対応!~

スパイラル習得サイクル

つみ残しゼロで気持ちも前向きに!

脳の記憶には時間をおいて何回も繰り返すことが有効です。授業だけで終わるのではなく、【 1 .リフレクションタイム (当日→1週間→1ヶ月) 2 . 定期考査 3.定着確認考査 】というスパイラルを何度も繰り返し、学力の定着とレベルアップを図ります。

リフレクション型授業

授業の最後に「振り返り」を行うことが、リフレクション型授業の一番大きな特長です。その日の授業で学んだことを、テストやシートなどにまとめ、授業で得た知識を自らの言葉で発表することで知識の定着を図ります。

定着確認考査

長期休暇をこれまでの総復習の期間と位置づけ、夏および冬の休暇に宿題を課し、短期記憶を長期記憶へと発展。休み明けには「定着確認考査」を実施し、弱点や定着不足を徹底して確認します。


放課後学習 O-SELF

さらに充実の放課後学習で「できる」を増やす

O-SELFとは、学校のカリキュラムに合わせた個別指導や定期テスト対策など、それぞれのレベルに合わせた放課後の学習サポートシステムです。

Basic(自習管理)
自習室への入退室の時間を記録し、利用状況を保護者に自動でメール配信します。各自の課題に応じて自学自習できます。
Standard(質問型個別指導)
定期面談で学習進捗状況を確認しながら個別に学習計画を作成するなど、学習のコーチングを行い、保護者には学習状況や進捗を報告します。
Support(カリキュラム型個別指導)
完全マンツーマンの個別指導で、個人別カリキュラムによって弱点を克服。保護者は毎回の指導内容をWEBで確認することができます。
Original (講習)
志望大学別入試対策講習やリフレクション講習などを実施。実践的なカリキュラムで第一志望校合格をバックアップします。

OM (追手門モジュール)

日々の振り返りで新大学入試対策

毎週火曜日から金曜日の6限終了後約25分間、土曜3限の50分間でOM(追手門モジュール)の時間を設けています。ICTを活用して、生徒が自身の活動や成長を記録したり、自学自習や電子図書館での読書などに取り組み、個別の学びをさらに深めていきます。
また当時間の利用範囲は幅広く、担任とのキャリアカウンセリングをはじめ、探究活動やほめことばシャワープラスなど、生徒と教員、生徒と生徒が向き合い交流できる時間としても活用されます。

  • 担任とのキャリアカウンセリング
  • 動画を活用した個別学習
  • ICTを活用した活動や成長の記録
  • 探究活動
  • 電子図書館の活用
  • ほめことばシャワー・プラス教育

スタディルーム

平日は、中学生は18時30分まで、高校生は19時30分まで開放しています。会話厳禁の静かな環境の中、集中して学習に打ち込むことができます。

ラーニングセンター

休み時間や放課後など、生徒同士の学び合いや探究授業に向けた準備などで活用できます。

中学2年生
(進学コース)
武本 金太郎さん

日々の復習と反復で
着実に成長することができます。

わからない箇所をそのままにするのではなく、その日の内容を授業の最後に復習できることで、知識が着実に身につくようになりました。また毎週の振り返りでは、繰り返して英単語や計算に取り組めるので、自然と単語力や計算力もアップ。少人数制なので、わからないところは先生がわかるまで教えてくれるのでとても心強いです。