プロジェクト型の学び

多様な知識と知見を育む、枠を「こえる」学び

自主的に取り組むべきテーマを設定し、周囲と力を合わせて課題を深掘りしながら、その解決に向けての道筋を組み立てていくプロジェクト型の学び。実践的な学び合いによって、考える力や表現する力を養い、合わせて他者と協調する中でコミュニケーション力も養成していきます。プレゼンテーションの後は、発表内容に対する意見をクラス内でシェアし、多様な考えや価値観から新たな知見を得られる学びを展開しています。

クエストカップ全国大会に出場

探究学習プログラムで優秀賞を獲得しました。

全国から応募総数3,420チームのエントリーの中から、見事予選を勝ち抜き、中学3チーム、高校1チームが日本最大規模のアクティブ・ラーニング型の学習発表会「QUEST CUP 2020 全国大会」へ出場することになりました。残念ながら全国大会は中止となりましたが、出場生徒がオンラインで学び合う「クエスト・オンライン」に参加し、生徒たちはその成果に大きな自信を得ました。

全国大会前に全員の前でリハーサルを実施

探究授業

社会や環境と関わりながら探究力を養う

SDGsのテーマである社会問題や国際問題、さらには科学、IT、防災など、自分たちの周囲を取り巻く様々な課題と自らの接点を掘り下げて学びを深めます。「自分ならどんなこたえを導くか」「自分に何ができるのか」といった問いを立て、継続的に考えることを通して、グローバルマインドを育み、思考力、判断力、創造力といった力を身につけます。

STEAM探究

仮説、実証、考察によって、専門性の高い知識を習得

Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(ものづくり)、Liberal Arts(一般教養)、Mathematics(数学)の5つの領域への理解を深める学び。「紙飛行機プロジェクト」では、最も遠くまで飛ぶ飛行機を製作するというミッションに対し、チームごとに仮説を立て、実証を行い、考察するというサイクルを経験。JAXAとも連携し、分野ごとに専門性の高い実践的な学習を展開しています。

企業探究

企業の抱える課題を、自らのアイデアで解決する

実在する企業からの課題やミッションに対し、各グループで考え、多様な視点や意見をふまえたプランニングを行い、プレゼンテーションを行います。自分たちが今持っている知識や情報を、どのように社会に活かしていくのかを思考しながら、働くことの意義や経済活動についての学びを深めていきます。

高校3年生
(特進コース)
前田 桜良さん

発表までの道のりで、
多くのことを学びました。

クエストカップでは、テレビ東京の「誰も思いつかないプロジェクトを!」をという課題を受けて、「アニメ病院」というオリジナル企画を提案し、全国大会へ出場することができました。発表までの時間が迫る中、スライドやプレゼン資料作成など苦労も多かったですが、正解のない課題に対し仲間とアイデアを模索する中で、相手の意見を聞くことの大切さ、自分の考えを相手に伝える難しさなど、多くのことを学びました。