理事長
川原 俊明

川原 俊明

独立自彊・社会有為 社会に貢献する人を育てる
これが追手門学院の使命です。

追手門学院は、2018年に学院創立130周年を迎えました。独立自彊社会有為という教育理念を掲げ、社会の要請する人材育成に向けて、全学をあげて推進しています。生徒の能力を最大限に伸ばす。これが大手前中高の大きな目標です。大阪城に隣接する好立地の大手前中高では、最先端のロボットサイエンスを通じ、生徒に対する理系への興味を深化させています。大手前中高では、ロボット選手権で、全日本のみならず世界選手権にも出場して入賞するなど大きな活躍をしています。クラブ活動も積極的です。チアダンスは世界選手権の舞台で活躍し、伝統のスキー部も全国的な活躍をしています。大手前中高は、まさに文武両道。礼節を大切にする校風が誇りです。

校長
濵田 賢治

濵田 賢治

新生追手門学院大手前第2章

2020年創立70周年を迎える本校にとって、今年は「新生追手門学院大手前の進化」ともいえる年です。「独立自彊・社会有為」という伝統の教育を継承しながら、昨年度からのグローバルサイエンス教育、探究活動、英語教育・国際理解教育などといった新しい学びをさらに進化・発展させ、ICTを有効活用することによって、全生徒の第一志望進路実現100%をめざしてまいります。最近まで、私たちは、平和で豊かな恵まれた社会で生活をしていました。しかし、今年になってその様相は一変してしまいました。何が起こるのか予測が難しい時代では、知識の習得だけでは十分ではありません。与えられた知識を自分なりに深化させ、次の知識につなげていく力が求められているのです。この力のもとが「探究力」だと私たちは考えています。追手門大手前では学校生活を通じて子どもたちにこの「探究力」を育んでもらおうと教職員一同、心から願ってさまざまな教育活動を展開しております。