独立自彊・社会有為の人材の育成
志の教育

多様化する社会において、自ら学び、考え、他者と共に成長できる人材を育成します。

独立自彊

自分の考えをしっかり持ち、個性を大切にし、自らの成長に向かって日々努力することです。「自彊」は「自強」と同義であり、自らつとめ励むという意味です。

社会有為

世のため、人のためにつくすことです。自主的自立的な精神と確かな個性を持ち、同時にまた、他者や社会のことをきちんと考え、豊かな社会性を持った人間を育てることを、追手門学院は目指しています。

追手門学院教育改革宣言

私たち追手門学院の教職員は
次のとおり教育改革を行うことを宣言します。

1.WIL(Work-Is-Learning)の実現

学生・生徒・児童・園児(以下、「学院生」とする)が自ら学んで行動し、行動して学ぶことを目標とし、それを実現する。

2.成長の可視化

ポートフォリオによって、学院生の成長を可視化し、対話を通してキャリアの成長を支援する。

3.ICT活用、未来社会対応

ICT活用教育によってAI時代に備え、主体的な学びによって社会の変化に対応する。

4.教育の質保証

社会に誇ることのできる学院生になるように、教育力を高め、教育の質保証に努める。