海外探究旅行

教室での学習と現地での経験から多くを学ぶ

高校2年時には修学旅行として、約1週間の行程で海外探究旅行を行います。 出発前の事前学習や、報告会に向けた事後学習に重点を置くことで、かけがえのない思い出とともに新たな発見の機会を得ます。

志を育む活動の記録

スタディサプリに日々の学びや気づきを記録する

高校時代は自分の将来に向けて進路を決める大事な時期です。何が得意で、何が苦手なのかなど、自分自身をよく知ることが大切になってきます。そのためには、自分の活動を記録し、振り返ることがとても重要です。追手門大手前では活動の記録を通して、自分自身の考え方や行動を振り返り(リフレクション)、気づきを得ることで、新たな行動へとつなげ、希望進路の実現をめざします。

活動の記録

▲活動の記録の例
探究プログラムで作成したポスター(上図)

デジタルメモ

活動履歴の管理

学習履歴の管理

テスト結果の分析

進路情報の閲覧

面談記録の蓄積

礼儀・礼節

他者を尊重し、感謝の言葉を伝える

周囲からの助言や指導を素直に受け入れられる心を持つことは、学力向上や先の人生においても成長の糧となります。学校での習慣の中で、他者を尊重する大切さを教え、その気持ちを感謝の言葉として伝える礼儀・礼節教育に取り組んでいます。

S × S × S
[ Student Smile System ]

ともに成長を見守り、進路を実現するために

生徒一人ひとりのめざす進路実現のため、充実した学校生活を送るため、追手門大手前では保護者と密に連携し、最適な学習環境づくりに努めています。

  • さくら連絡網  
  • 学級・学年会
  • 保護者アンケート
  • 二者・三者面談
  • 学校生活の情報公開

追手門モジュール(OM)

毎日の面談を通してやる気をアップデート!
自律型学習者を育成する

生徒それぞれと細やかに面談を繰り返すことで、やる気をアップデートし、学力向上につなげます。

メンタルフォロー
やる気のスイッチを再びオン!
進路面談
成績・模試を基にした担任からの進路・学習全般のアドバイス
生活面の相談
生活習慣のチェック・アドバイス
教科面談
教科担当者からの学習アドバイス

慶應義塾大学
法学部法律学科2回生
(2020年3月卒業)
岩田 美灯さん

弁護士になって、
世界を舞台に活躍したい。

在校中はロボットサイエンス部に所属し、世界大会に出場、総合優勝も果たしました。自分の英語力不足を痛感した世界大会での悔しさをバネに、英語力を磨き、英検準1級を取得。活動の中で、ロボットを製作する側ではなく、法律などのルールや仕組みを作りたいと思い、法学部を志望しました。強い気持ちや目標があったからこそ今の自分があります。