2018.11.06学校生活

【中学3年生(70期生)】道徳/「性の多様性を考える」

中学3年生では、道徳の時間を使って「性の多様性」について考えました。
この時間でLGBTQという言葉自体を初めて知る生徒も多く、これまで性に対する考え方がガラリと変わった生徒も数多く見られました。この学びから、「誰もが自分らしく生きていけるようになるためには?」という問いを立て、そして自分に何ができるのかを深く見つめる時間となりました。