2019.02.07学校生活

『リケジョのミカタ講演会in追手門』②

2019年2月2日(土)、本校6階大手前ホール(大阪城スクエア)にて、標記のイベントを実施しました。
本イベントは、大阪市と追手門学院が共催として実施し、内閣府男女共同参画局の女子高校生・女子学生の理工系分野への選択を応援する「理工チャレンジ」に賛同するものです。
内閣府「STEM Girls Ambassador(理工系女子応援大使)」であるズナイデン房子先生からは、「自分自身を信じて、“好きだな”と思ったことをとことんやって、人生を楽しんでほしい」というメッセージをいただきました。
大阪市立大学大学院の保野陽子先生からは、実際の「大学院での理工系研究と授業」について、ミニ実験を交えたお話をいただきました。
本校からは、ロボットサイエンス部が、その研究結果のプレゼンテーションを行いました。国際的なロボットコンテストWROの世界大会で披露した英語によるプレゼンテーションは、当日お集まりいただいた中学生・小学生の皆さんに理工系の魅力を存分に伝えるものでした。
本イベントは、
①理工系のロールモデルを具体的にイメージすることで、児童・生徒の理工系への進路選択を支援する。
②社会の中で専門職として活躍している「女性」のお話を聞くことで、女性の社会での活躍(キャリア形成)を促進する。
という2つの目的から実施いたしました。本校としても更なる理工系教育を推進していく契機としたいと考えます。
ご参加くださいました中学生や小学生の皆さんには、理工系女子の先輩からのお話を胸に、これからの進路や将来について、自ら考え、道を切り開いていってもらいたいと願っております。ご来場、まことにありがとうございました。