2021.11.26入試情報NEW

■中学入試■ 動画による入試制度解説シリーズ もうご覧になられましたか?

いよいよ、中学入試のご出願は12/10金 0:00〜、出願情報登録は12/1水〜開始、となりました。

入試要項をご確認頂いた上でご出願にお進みいただくことになりますが、文字よりも動画の方が伝わりやすいところもあるかと思い、「2022年度中学入試に向けて本校の入試制度を短い動画で解説するシリーズ」を公開しておりますが、もうご覧いただけましたでしょうか?

過去に全部で6本の動画をアップしましたが、そのうち4本の動画のリンクを以下にご紹介します。

「どの試験型で出願したらいいかな?」
「どんな判定方法で合否や合格コースが決まるのかな?」
「特待生制度を詳しく知りたい」

こういった点を解決出来る動画になっています。ぜひご視聴下さい。



〜〜〜 動画のご紹介 〜〜〜

第1弾「コロナ特別措置 導入」
 2020年より全世界で猛威を振るい続けるコロナウイルス。2022年1月に中学入試を迎える受験生の皆さんは、小学5年生のときから、小学校で授業がなかったり、塾に通えなかったりオンラインでの授業実施になったりと、不安な状況の中で受験勉強を続けてこられた方々です。
 そんな「コロナの中でも志望校合格に向けて頑張り続ける受験生」たちを応援すべく、2021年度入試に引き続いて、追手門大手前では「コロナ特別措置」として例年よりも合格の可能性が増すよう、入試制度で一定の配慮を行うこととします。

第2弾「特待生制度」
 追手門大手前の特待生制度は、特待S(入学金全額+授業料全額)と特待A(入学金全額+授業料半額)の2つの制度があります。
 本校プレテスト(2回実施)もしくは五ツ木駸々堂模試(第4回以降、国算2科か国算理3科)、いずれか1回で本校が定める基準をクリアした児童は、年末~年始の特待生面談を経て「特待生エントリー」の可否を決め、特待生エントリーを持つ児童については入試当日の成績を以って特待生ランクを決定いたします。
 本校が実施します2回のプレテストのうちどちらか1回で基準をクリアされるのが、特待生への近道になっています。

第3弾「一般入試 配点方式(配点方式解説 編)」
 追手門大手前では、英語が得意な児童、理数系科目が得意な児童、それぞれの特性を最大限に活かせる判定方式を各日程に設け、受験生の「得意を活かせる判定方式」とすることで受験生の合格率ができるだけ高くなるようにしています。
 それゆえに、本校の入試制度が少々複雑になっておりますが、この動画では多様な判定方式をご理解いただける内容になっています。

第4弾「一般入試 配点方式(配点シミュレーション 編)」
 追手門大手前では、英語が得意な児童、理数系科目が得意な児童、それぞれの特性を最大限に活かせる判定方式を各日程に設け、受験生の「得意を活かせる判定方式」とすることで受験生の合格率ができるだけ高くなるようにしています。
 この動画では、本校の多様な判定方式において、どういったケースであればどのように判定されるのか?を例示しています。
※この動画をご覧いただく前に、「2022年度中学入試制度解説③ 一般入試 配点方式(配点方式解説 編)」をご視聴いただき、本校の一般入試における判定方式をご理解いただくとをおすすめいたします。


2022年度中学入試制度解説① コロナ特別措置
2022年度中学入試制度解説② 特待生制度
2022年度中学入試制度解説③ 一般入試 配点方式(配点方式解説 編)
2022年度中学入試制度解説④ 一般入試 配点方式(配点シミュレーション 編)