2019.09.07学校生活

シンガポール高校生との交流

昨日より、セント フランシス メソディスト スクール(SFMS)という、シンガポールにあるインターナショナルスクールの生徒の受け入れが始まりました。SFMSと本校は、長年交流を続けており、SFMSの生徒を本校で受け入れるのは今回が初めてとなります。この度は8名の生徒を受け入れ、高校1.2年生のクラスに参加しており、昨日から茶道や書道といった日本文化の授業から、数学や英語や化学まで、様々な授業を通して交流を深めています。国際交流委員や、隣に座る生徒の手助けも受けながら、共に楽しく授業を受けている様子が見られました。
昨日は放課後にクラブ活動にも参加し、剣道、演劇、写真などSFMS生それぞれが選んだ部活動で、本校生徒と汗をかきながら楽しんでいるようでした。
また、連日午後からはSFMS生のみで大阪城や京都大学の見学に行ったり、また本校生徒も合流しての南禅寺散策など、少しずつ仲を深めていく様子も見られ、とても充実した日々を過ごしています。
月曜日は早くも最終日となり、高校2年生のクラスに参加します。たくさん会話をして、お互いに刺激を与え合える最終日として欲しいと思います。