2020.02.29学校生活

【高校3年生(68期生)】68期生が無事に旅立ちました!

 2月28日(金)、68期生の高校卒業式が実施されました。
 昨今のコロナウイルスを巡る情勢により、一時は実施が危ぶまれましたが、関係者の方々のご尽力により、無事に実施する運びとなりました。
 関係者、保護者の皆様、本当にありがとうございました。
 
 卒業式後には最後のHRが実施され、先生方が最後に伝えたいことを話されました。自分自身の今までの体験を話される先生、この一年間の思いを話される先生、あるいは事務連絡のみに留めておく先生と、内容は様々でしたが、いずれも生徒に対する信頼に溢れた言葉を語られました。

 その後はPTA主催の謝恩会に移り、生徒たちから、先生方や保護者の皆様への感謝を込めた様々な出し物が行われました。学年合唱に始まり、スライドにより思い出を振り返りつつ、クラス毎に劇やコント、合唱、手紙といった形で先生たちへの感謝を述べていました。皆一様に楽しみ、感謝した後、惜別の思いを抱きつつも、卒業生たちはそれぞれの進路に向けて帰途に着きました。
 
 ここまで生徒たちをお支え頂いた、保護者、関係者の皆様、本当にありがとうございました。
3年、あるいは6年、12年といった追手門での生活は幕を閉じ、68期生は卒業生となり、翌日からはそれぞれ別々の道を歩み始めます。
 ですが、ここで過ごした時間が皆さんの人生にとって、かけがえのないものであったことは確かです。
 仲間たちとの思い出を胸に、彼らはまた歩き始めます。