2021.03.27フォト教室

樟蔭高校と合同撮影会を実施!/三ノ宮・明石で「異人館・春の海」をテーマに撮影

 3月27日(土)、今年度最後のフォト教室の活動となる外部撮影会を実施しました。緊急事態宣言明けということもあり、家を出る際の健康管理チェックフォームの入力、マスク着用の必須を徹底して行いました。
 13時20分に三ノ宮駅を出発し、北野異人館周辺でスナップ撮影を行いました。その後、徒歩で南京町へ移動し、しばしの休憩を楽しみました。16時20分に朝霧駅へ移動し、大蔵海岸で明石海峡大橋と春の海を題材に撮影を行いました。昨年度の撮影会よりも短い4時間という実施時間ではありましたが、密度の濃い撮影会となりました。
 また、今回の撮影会では、講師の先生のお力添えもあり、樟蔭高校写真映画部のみなさんと合同で実施をすることができました。フォト教室初の合同撮影会ということもあり、開始時には本校の生徒の非常に緊張した様子がうかがえました。しかし、徐々に撮影会が進むにつれて、打ち解けた様子も見えてきました。今回の合同撮影会をきっかけに他校との写真を通した交流を深めていってもらえればと思います。
 樟蔭高校写真映画部顧問の原田先生、写真映画部のみなさん、今回は貴重な機会をありがとうございました!

 以下に本校生徒の感想を掲載します。
 高校3年生「初めての合同撮影会で、お互いに緊張したけどとても良い経験になった。これからも積極的に合同撮影会など、やってほしいと思う。」
 高校2年生「今回の三ノ宮・明石撮影会は初めて合同撮影会をしました。合同撮影会は初めてで最初はどうコミュニケーションをしたらいいのか不安でした。最初は、お互い喋れなかったのですが後々お互いコミュニケーションをとれるようになったので良かったです。」