2021.08.02学校生活

「KAKEHASHI Project」~対日理解促進交流プログラム~

 外務省が推進する高校生派遣プログラム「カケハシ・プロジェクト」に本校から3名の生徒が参加します!
このプロジェクトでは、本校だけでなく、姉妹校である追手門学院高等学校と福岡県の高校2校から校内選抜を経て選ばれた生徒が、アメリカ・テキサス州を訪問し、日本と米国の「架け橋」になることを目的としています。
 現在のところ、渡航時期の正確な目途は立っていませんが、2022年に渡米し、現地の学校との交流の中で、日本の魅力についてプレゼンを行ったり、現地企業、NGO、日本総領事館等を訪問したりする予定です。
 渡米に向けて、7月中旬より、追手門学院高等学校の代表生徒と合同で事前研修を行っています。すでに4回実施をし、各校の先生方からアメリカの歴史・政治経済や日系人と第2次世界大戦について学ぶと共に、「Become KAKEHASHI」をチームの大きな目標として定め、目標を達成するためにはどのような行動が必要になるかについて議論を重ねています。
 8月28日には、米国の高校生とオンラインで繋がり、日本の魅力を伝えるためのプレゼンを行う予定です。生徒達は夏休み返上でオンラインを活用しながらプレゼンの準備を進めていきます。学び続け、進化していく8名の生徒に今後もご注目ください!