2019.07.29フォト教室

フォト教室(1学期活動)

 今年度のフォト教室は撮影に取り組むだけではなく、作品を見ていただく、他者に撮影を教えるという、外部とのかかわりにも注力していくという目標を掲げています。
 『学校報&PTA NEWS』では、フォト教室の紹介や生徒の作品が掲載されました。生徒一人ひとりの個性が表れた作品をお楽しみいただけると幸いです。
 7月6日(土)に実施した高校オープンスクールのクラブ・特別教室体験にフォト教室も参加しました。フォト教室の活動内容についての説明だけではなく、一眼レフカメラ体験など、自分たちの好きなことを興味深く相手に伝えるということを経験しました。参加アンケートにも「アットホームな雰囲気」とお褒めの言葉をいただきました。
 7月27日(土)に実施した「夏休みわくわく万博」には、写真展示で参加をしました。学校法人追手門学院は関西SDGsプラットフォームに加盟しており、「夏休みわくわく万博」もSDGsに関連する取り組みが盛りだくさんの内容でした。フォト教室では、ただ自分たちの作品を展示するのではなく、SDGsの掲げる17の目標に関連する作品を展示しました。展示は写真と関連SDGs目標のみのシンプルなもので行い、撮影意図は観覧の皆様の気持ちにお任せする方法で行いました。自分たちの写真をSDGs目標に当てはめていく作業は生徒も非常に苦労をしていましたが、自分たちで行動することによりよりSDGsについての学びを深めることができたと感じています。
 1学期はフォト教室を3回、外部撮影会を1回実施しました。また、8月3日(土)には2回目の外部撮影会を予定しています。2学期も学内実施のフォト教室だけではなく、学外撮影や外部への発表を通して研鑽に励んでいきたいと思います。