2019.12.20ロボットサイエンス部

世界大会出場メンバーが吉村大阪府知事にお会いしました ※動画もあります

今年11月にハンガリーで開かれたロボットコンテストの世界大会に日本代表として出場した本校ロボットサイエンス部の諸君が、去る12月19日に大阪府庁を訪れ、吉村洋文知事に面会いただき、大会の結果を報告いたしました。

生徒たちは、G20大阪サミットの成果の一つである「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」でも注目された、プラスチックごみの流出による海洋汚染の解決を目指し、「海洋ごみ回収ロボット」を開発しました。そのロボットが8月に開催された全国大会で最優秀賞に選ばれ、11月8日~10日にハンガリーで開催されたWRO(World Robot Olympiad)の世界大会「WRO 2019 ハンガリー国際大会」に日本代表として出場しました。世界大会ではオープンカテゴリーのシニア部門で34チーム中17位の成績を収めました。

吉村知事から激励のお言葉をいただき、部員諸君は気持ちを新たにいたしました。

吉村知事の表敬訪問の様子は、大阪日日新聞様と毎日新聞様にご掲載いただき、大阪日日新聞様はWebサイトにも掲載いただいています。下記のリンクからぜひご一読ください。

今後とも、追手門大手前 ロボットサイエンス部の活躍にご期待ください。


世界ロボコンの結果を知事報告 代表の児童生徒(大阪日日新聞サイト)
動画で見る「ロボットサイエンス部が大阪府知事を表敬訪問」(YouTubeサイト)