2021.03.16学校生活

【大阪城プログラム/建学の精神を学ぶ】

 本日、中1、中2合同で第2回大坂城プログラムを実施しました。この大坂城プログラムの目的は、①郷土の歴史・文化に親しみ、追手門学院大手前キャンパスへの帰属意識を醸成する。②年長者が年少者を導く活動を通して、社会有為の心を育む。③学校コンピテンシーである探究力【For me(知識・技能、学びに向かう力、思考力)、For you(知識・技能の活用、コミュニケーション力)、For us(想像力・創造力・判断力・表現力)】を養うです。
 今回は、追手門学院の創設者でもある高島鞆之助先生の建学の精神の源流について学びました。その精神を受け継いだ我々は、「今後、追手門学院大手前中学校をどのような学校にしていくべきか」、そして「我々はどのような人物に成長していくべきか」ということをテーマについて話し合い、自分たちなりの答えをつくることができました。
 中学1年生は中学2年生にリードしてもらい、探究活動のやり方など様々なことについて上級生から学ぶことができました。また、中学2年生も中学1年生に教える活動を通して、学びをより深めることができました。今回の大阪城プログラムは、中1・中2お互いにとって良い経験となり、関係性の力で大きく成長することができました。今後もこのような縦の関係性を大切にして教育活動を推進していきたいと思います。